Recommendation

『メッセージ』/あなたの人生の物語

2017年5月23日

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

映画『メッセージ』を観た。天変地異としての風景が目の前に広がっているはずだというのに、いつの間にかどんな人の人生にも当てはまってしまうようなストーリー。原作は『あなたの人生の物語』(『Story of Your Life』)。タイトルの名目通りに、現世の中で彷徨う主人公が実存的な主体を取り戻すといったテーマが、とても変わった感覚で記憶に残る。

 

 

 

 

言語学者のルイーズはいかにして地球外生命体とコンタクトを取るのか? 言語学には「恣意性」という概念がある。例えば目の前に尻尾を振っている四本足の動物がいたとして、人はその動物を犬もしくはdogと名指しする。このようにあるモノに対して様々な呼び名(発音)が存在するが、そのモノと呼び名の結びつきには、なんら必然性は存在しない。これが言語の恣意性だ。仮に対象がモノではなく、もっと抽象的な幸福や平和といった概念ならばどうだろう。たとえ日本人同士であったとしても、コミュニケーション自体が実はとてもあいまいな言葉の分節によって行われているのだ。劇中で引用される「サピア=ウォーフの仮説」は、目の前に見えている現実そのものがその人の持つ言葉によって影響を受けているという言語相対論の元祖であるとも言われている。

 

ルイーズと物理学者のイアンがふたりで見ている、不穏だがなぜか美しく感じられる風景がとても印象的だ。「時間」もまた言葉として認識した時に、因果関係としてのプロットに観客である私(達)が混乱させられる。フラッシュバックとしてのルイーズの見ている様々な心象風景は、たんに外部で起きている騒がしさからではなく、内面的な世界観の変動によってもたらされたものだ。宙に浮かんでいる巨大な宇宙船としての絵面が、ルネ・マグリットの「ピレネーの城」にしか見えなかった私だが、シュルレアリスム(超現実主義)の可能性が「新たに現実を見つめ直す」ということを焦点にして捉えるならば、それはあながち間違ってはいないだろう。新たな言葉の概念を獲得し変動した内面性が、再び現実とリンクし、現実そのものを構成していく感覚。言語学の本を読んでいると時折訪れる奇妙な感覚が、この作品からも感じられた。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
Copyright © 2017 アクト・オブ・リーディング All Rights Reserved.  プライバシーポリシー