Vue.jsのtransitionによるアニメーションの基礎を学ぶ

2019.05.25

Vue.jsには、要素の表示・非表示の挙動においてアニメーションを実装していくtransition(トランジション)と呼ばれる機能があります。本記事ではフェードイン・フェードアウトを実装することによって、基本的なアニメーションの実装の流れを説明していきます。

v-bindでstyle、classの属性値を変える[Vue.js]

2019.05.21

Vue.jsにおいてHTML要素の属性に対してデータバインディングするには、v-bindディレクティブを利用します。

Vue.js入門 – ボタンをクリックして関数を実行する[v-on]

2019.05.17

Webアプリケーション上において(つまりDOM要素において)、ボタンをクリックしたり、マウスオーバー及びスクロールなどのユーザーによる一連の挙動を「イベント」と呼びます。そして、それら様々なイベントに対応して発動させる処理のことを(つまり関数)を「イベントハンドラ」と呼びます。

Filters(フィルタ)でデータを加工[グローバルフィルタ][Vue.js]

2019.05.14

Filters(フィルタ)を利用すると、データの加工をおこない表示させることができます。主に数字のカンマ区切りや、テキストデータに対して利用されます。

watchでデータを監視する[deep][Vue.js]

2019.05.10

watchオプションを利用すると、データの変化を監視して、関数を実行することができます。このような機能は「ウォッチャ」および「監視プロパティ」と呼ばれています。

v-forで配列を表示する[v-bind:key][index][Vue.js]

2019.05.08

v-forディレクティブを利用して、配列の要素を繰り返し表示させてみます。

v-if・v-showで要素を表示・非表示にする [違い][Vue.js]

2019.05.07

v-showディレクティブおよびv-ifディレクティブを利用すると、条件分岐により要素の表示・非表示の切り替えをおこなうことができます。

KubernetesのSecretでMySQLのパスワードを管理する

2019.04.28

KubernetesにおけるSecretとはパスワードやSSHの秘密鍵などの機密情報を扱うためのリソースです。同じような機能を持つリソースとしてConfigMapリソースがありますが、こちらは一般的にアプリの設定情報などを保存する場合などに利用します。

『キャッシュレス覇権戦争』から読む信用スコアとWeb3.0への潮流

2019.04.24

日本電子決済推進機構がスマフォ決済サービスとしての「Bank Pay(バンクペイ)」を今秋にスタートすると発表(PDF)した。最大1000行以上の銀行口座対応で、支払いも銀行口座から直接支払われるのが特徴的だ。都度チャージする必要が無く、いわば銀行による “公式’’アプリだ。

Kubernetesの永続化 [PersistentVolume/PersistentVolumeClaim]

2019.04.19

KubernetesにおいてPersistentVolumeおよびPersistentVolumeClaimはデータの永続化を担うリソースです。

スポンサーリンク

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー