MySQLにつないでテーブルデータを表示させる[SELECT][PDO]

2016年2月10日

PHP

様々なデータベースとの接続を一元化するには、拡張モジュールであるPDO(PHP Data Objects)を利用します。PDOはPHPとデータベースとの間において抽象化レイヤとしての役割を持つので、データベースが変わっても同じ関数を利用することができます(PHP5.1以降)。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、PHPがMySQLと接続する方法は主に下記の4つあります。

 

mysqli拡張モジュール(MySQLi関数)
PDO(PHP Data Objects)
PEARパッケージ(MDB2が有名だが実質メンテナンスはストップしている)
フレームワーク(CakePHP等)の独自機能

 

mysqli拡張モジュールについては下記の関連ページへどうぞ。

MySQLにつないでデータを追加する[INSERT][mysqli]

 

 

今回はPDOを利用して、idと名前(name)が登録されてあるMySQLのnameテーブルを表示するページ(pdo_select.php)を作成します。

 

pdo

 

手順


 

まずはデータベースを用意します。MySQLにつないだら、sample01データベースを生成し、その中にnameテーブルを作成します。

データベース

 

sample01データベースの作成

 

次にidとnameをカラムとして持つ下記のような構造のnameテーブルを作成します。

 

database2

 

 

上記で作成した、nameテーブルにあらかじめデータを登録しておきます。

 

 

次にnameテーブル内のデータをPDOを利用して表示させます。

 

pdo_select.php

 

4〜6行目

環境に合わせて適当な値を入力して下さい。4行目でmysqlを指定しています。

 

22〜24行目

foreachを利用しレコードを取得する方法です。

 

 

参照ページ


 

PHPマニュアル

PHP Data Objects

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー