新規会員登録機能を作成する(1/3)[メール認証][仮登録]

2016年2月26日

PHP

メール認証を利用した新規会員登録を、3回の記事に渡って説明していきます。今回はその1回目で、全体像を把握していきます。

 

まずはデモ画面からご覧下さい。

デモ画面(※デモでは実際にメール等は送られません。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

新規登録機能の概要は以下となります。

 

1.メールアドレスを登録する。

2.登録したメールに登録ページであるURLが届く。

3.URLをクリックすると、登録画面が開くので登録をおこなう。

 

コードに関しては、大きく分けて2つの機能で構成されています。

 

1.メールアドレスの登録(仮登録)

 

メール登録フォーム(registration_mail_form.php)

メール確認・送信(registration_mail_check.php)

 

2.新規会員の登録(本登録)

 

会員登録フォーム(registration_form.php)

登録確認(registration_check.php)

登録完了(registration_insert.php)

 

データベースには以下2つのテーブルを用意しました。

 

(仮登録用でメールアドレスを保存する)pre_memberテーブル

(本登録用)memberテーブル

 

 

以上を踏まえた上で、登録機能の動きを説明していきます。

 

新規会員登録概要

 

 

1・2

ユーザがメールの入力を行います。正しいメールが登録されれば、トークン(ランダムの文字列)を生成します。そのトークンを日付等と合わせてデータベースに保存します。それと同時にそのトークンを含めたURLを生成し、そのURLをユーザにメールで通知します。

 

3

ユーザがURLのリンクを辿って会員登録画面へと訪れて来るので、そのURLからトークンを取得(GET)します。そして、そのトークンとデータベースに登録されたそのトークンの登録日等を調べます。もし、有効(24時間以内/未登録)なトークンであるならば、会員登録のフォームを表示させます。

 

4

ユーザが適当なアカウント・パスワードを入力したらデータベースへと入力します。それと同時に、そのユーザが辿ってきたURL(トークン)を無効にします。

 

 

以上がメール認証を利用した新規会員登録の概要です。

次回(2回目)は1・2のメール送信(仮登録)の実装を説明していきます。

新規会員登録機能を作成する(2/3)[メール認証][仮登録]

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー