フロントページの階層と優先順位[front-page.php][home.php]

2016年6月16日

WordPressの各ページ(サイトフロントページやアーカイブページ等)には、それぞれいくつかのテンプレートが存在し、そのテンプレートが利用される優先順位というものがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、サイトトップであるフロントページには、index.phpの他にfront-page.phpやhome.phpなどのテンプレートが存在します。もしindex.phpの他にfront-page.phpテンプレートが存在すれば、こちらが利用されます。

 

試しにindex.phpとstyle.cssのみであるテーマ、

style.cssのテーマ詳細[bloginfo(‘stylesheet_url’)]

の時点で、front-page.php(コード記述無し)のファイルをテーマディレクトリにアップロードしてみましょう。トップ画面を見てみると何も表示されなくなります

 

つまり、HTMLのコードが記述されているindex.phpは表示(利用)されずに、front-page.phpのテンプレートが利用されているのが分かります。

 

 

記述の無いfront-page.phpをアップロードするとトップ画面は何も表示されない

front-page

 

 

フロントページのテンプレートの優先順位は以下のようになります。

 

1 front-page.php
2 設定>表示設定 画面において固定ページが選択されている場合
3 home.php
4 index.php

 

front-page.phpテンプレートが存在すれば、どんな場合においても利用される優先順位は1番となります。2番に関しては、設定>表示設定 画面においてフロントページの表示を、固定ページに指定した場合のことを指します。

 

フロントページの優先順位

 

 

 

関連ページ


 

カテゴリーアーカイブのテンプレート階層[category-スラッグ.php]

 

日付アーカイブのテンプレート階層[date.php][archive.php]

 

固定ページのテンプレート階層[page-スラッグ.php][page-ID.php]

 

カスタム投稿タイプのテンプレート階層[single-投稿タイプ.php][archive-投稿タイプ.php]

 

検索結果(search.php)と404(404.php)ページのテンプレート階層

 

タグアーカイブのテンプレート階層[tag-スラッグ.php]

 

個別記事ページのテンプレート階層[single-投稿タイプ.php]

 

 

参照ページ


 

WordPress

Codex日本語版

テンプレート階層

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー