個別記事ページを作成する[single.php]

2016年6月18日

テーマを一から作成する 第5回目

 

前回はフロントページ(ブログのトップページ)にて、投稿した記事一覧ページを作成しました。今回は一覧ページではなく、個別記事のページを作成します。

 

第4回目

投稿記事一覧を表示させる[ループ]

 

 

スポンサーリンク

 

 

個別記事ページを表示させるテンプレートは以下の4つありますが、今回はsingle.phpを利用します。

 

関連ページ

個別記事ページのテンプレート階層[single-投稿タイプ.php]

 

1 single-投稿タイプ名.php
2 single.php
3 singular.php
4 index.php

 

今回作成する個別記事ページの構成は、基本的にindex.phpと変わりません。

 

indexを分割

 

 

まずはsingle.phpテンプレートを作成し、テーマディレクトリ(/wp-content/themes/sample/以下)にアップロードして下さい。外観>テーマの編集 で見てみると個別投稿として認識されていることが分かります。

 

個別投稿

 

 

single.phpが用意できたら、下記のコードを記述して下さい。

 

基本的にindex.phpと変わりませんが、ページ送りの部分だけタグに変更があります。個別記事ページ(single.php等)で利用するページ送りのための previous_post_link とnext_post_link タグは、記事一覧ページで利用されるprevious_posts_link とnext_posts_link タグとは別のタグです。postの後にsがあるかないかの違いです。

 

 

追記

本記事の趣旨と関係ありませんが、どのページにおいてもトップページに戻れるようにヘッダー部分を変更しておきました。ブログのタイトルにリンクが貼ってあります。

 

header.php

 

 

個別記事画面

個別投稿画面

 

 

今回作成したテーマファイルは以下のリンクからダウンロードできます。

 

ダウンロード

 

 

次回はカテゴリーページを作成します。

第6回目

カテゴリーページを作成する[category.php]

 

おすすめ関連ページ

Docker ComposeでWordPressを構築する

 

 

参照ページ


WordPress
Codex日本語版
テンプレートタグ/previous post link
テンプレートタグ/next post link

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー