イベントオブジェクトについて[function(e)][イベントリスナー]

2017年6月24日

イベントオブジェクトは、イベントハンドラーおよびイベントリスナーにおいて実行される関数の引数として受け取ることのできるオブジェクトです。そのイベントオブジェクトから、発生したイベントに関わる様々な情報(プロパティ)を知ることができ、またそのイベントを制御するメソッドを活用することができます。

 

関連ページ

イベントハンドラー/イベントリスナーについて[addEventListener]

 

 

9行目
イベントリスナー関数(fun1)に引数を設定するとイベントオブジェクトを取得することができます。このeという名前は慣例的なもので、evと略すこともあります。

 

10〜13行目
具体的にいくつかのイベントオブジェクトのプロパティを取得しています。イベントオブジェクトのプロパティやメソッドは、発生したイベントによっても変化します。下記の例ではキーボード操作によるイベントを取得しています。

 

 

他にも多くのプロパティ、ここでは説明していないメソッド、そしてイベントがあります。

 

参照ページ

MDN event

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー