基本セレクタについて[要素][id][クラス][jQuery]

2017年7月8日

セレクタとは指定したHTMLの要素をjQueryオブジェクトに変換するための機能です。その中でも基本的なセレクタを説明していきます。

 

基本セレクタは以下のように分類されます。

 

 要素セレクタ(Elementセレクタ)  $(‘タグ名’)
 idセレクタ  $(‘id名’)
 クラスセレクタ  $(‘.class名’)
 グループセレクタ(複合セレクタ)  $(‘セレクタ1, セレクタ2,  …’)
 ユニーバサルセレクタ(全称セレクタ)  $(‘*’)

 

 

要素セレクタ(Elementセレクタ)


 

HTMLの要素を選択します。

$(‘タグ名’)

 

 

idセレクタ


 

idを選択します。CSSと同様に、「#」を付けます。

$(‘#id名’)

 

 

クラスセレクタ


 

クラスを選択します。

$(‘.class名’)

 

 

グループセレクタ(複合セレクタ)


 

要素を「 , 」で区切り、複数のセレクタを選択することができます。

$(‘セレクタ1, セレクタ2, セレクタ3, …’)

 

 

ユニーバサルセレクタ(全称セレクタ)


 

全ての要素を選択します。

$(‘*’)

 

以下のコードでは、idがsample2内の全ての要素を選択しています。

 

 

関連ページ

階層セレクタについて[隣接][間接]

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー