リモートブランチをローカルで取得する[git fetch][Sourcetree]

2018年12月24日

GitHubなどのリモートリポジトリにあるブランチ、すなわちリモートブランチをローカルリポジトリにて確認します。

 

仮にリモートリポジトリに「hanako-branch」ブランチが生成されているとして、それをローカルリポジトリで確認できるようにします。

 

 

 

Gitコマンドによる方法


まずリモートリポジトリの情報を取得します。下記コマンドですべてのリモートリポジトリのブランチを取得します。

fetchはリモートリポジトリの情報をローカルに持ってくるだけで、実際にワークツリーには反映されていません

 

すべてのブランチを調べてみます。

「origin」はリモートリポジトリのデフォルト設定での名前です。この名前はgit remoteで確認できます(本記事では説明しませんがこの名前を変更することもできます)。リモートリポジトリにはmasterブランチの他にhanako-branchブランチが存在することが確認できました。

 

hanako-branchブランチに移動します。

 

実際に移動できたか確認してみます。

以上でローカルリポジトリにて、hanako-branchブランチに移動できました。

 

 

Sourcetree(Mac版)による方法


 

「フェッチ」をクリックします。

 

「リモートからすべて取得」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

左メニューの「リモート」にhanako-branchを確認できます。ダブルクリックしてチェックアウトします。

 

チェックアウト完了するとブランチ項目ににhanako-branchが表示されます。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー