DockerでMySQLを利用する[docker container run オプション]

2018年12月26日

MySQLのバージョン5.7をDockerを利用してローカルにて起動させてみます。

 

開発環境
macOS Mojava バージョン10.14
Docker Desktop Version 2.0.0.0-mac81 (29211)

 

下記コマンドでイメージのインストールからコンテナの起動まで実行できます。–nameなどのオプションの説明は後述しています。mysql:5.7でバージョン5.7を指定しています。もしmysqlだけで何も指定しない場合、mysql:latest となり最新のバージョンがインストールされます。

docker container run のcontainerは無くてもdocker run で同じコマンドになりますが、あえて明示しておくと分かりやすいです。

 

実際にコンテナが起動したかを確認してみます。

 

 

オプションの概略


–nameオプションでコンテナ名を設定しています。docker psで確認できるNAMES項目に表示されます。

 

-e MYSQL_ROOT_PASSWORD=pass は、-eオプションで環境変数を設定しています。パスワードをpassに設定しています。-e MYSQL_USER=taro などでユーザ名を設定することも可能です。デフォルトはrootです。他の環境変数は公式ページに記載されています。

 

-p 3306:3306 は-pオプションによるポートウォワーディングと呼ばれる機能の設定です。

 

もし3307:3306 のように設定した場合、コンテナの外からPORTを指定する場合は3307のようになります。つまり前半がホスト側のポートで、後半がコンテナ側のポートとなります。例えばSequel Proアプリ(下記画像参照)を利用してこのMySQLに接続する場合、3307:3306 ならばポートの部分には3307を入力します。

 

 

 

-dオプションでバックグラウンドで実行できます(デーモン起動)。

 

コンテナへは下記コマンドで入れます。-itの後のmysqlはNAMESを指定します。

 

 

関連ページ

Docker-MySQLのデータボリュームによる永続化[volume]

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Copyright © 2019 思考の葉 All Rights Reserved.  プライバシーポリシー