SwiftyJSONを利用する[Xcode6.3][JSON][API]

2015年5月22日

ios

 

 

SwiftyJSONをXcodeに取り入れてAPIを解析する。

 

開発環境
Xcode6.3

 

今回はライブラリ管理ツール「CocoaPods」は利用していない。

 

 

手順


 

「Single View Application」でプロジェクトを作成する(名前はJsonTestにした)。

 

https://github.com/SwiftyJSON/SwiftyJSON
からSwiftyJSON(ファイル名:SwiftyJSON-master)をダウンロードしたら、作成したプロジェクトファイル(JsonTest)の中にSwiftyJSON-masterファイルを入れておく。

 

XcodeにSwiftyJSON-masterファイルの中にあるSwiftyJSON.xcodeprojをドラッグ&ドロップで持ってくる。

 

SwiftyJSON01

 

Build Phases → Target Dependenciesの+をクリック。

 

SwiftyJSON02

 

「SwiftyJSON iOS」を選択しAddを押す。

 

SwiftyJSON03

 

ViewController.swiftに「import SwiftyJSON」を付け足すとこの時点ではまだエラーが出るが、コマンド+Bでビルドするとエラーは無くなる。それでもエラーが消えない場合はXcodeのバージョン(Swiftのバージョン)とSwiftyJSONのバージョンの不一致による原因が大きい。

 

SwiftyJSON04

 

 

以上でSwiftyJSONを利用する準備は整った。

 

 

楽天ブックス系APIを利用する


 

今回は楽天のAPIを利用した。

 

登録をおこないアプリIDを取得しておくこと。

APIテストフォームから、キーワード「swift」の書籍を検索するURLを取得しておく。

 

取得したURL。◯◯◯にはアプリIDを設定しておく。

 

上記のURLをリクエストすると、

以下のようなJSONデータを取得できる(当ブログ投稿時点)。

 

一番はじめの書籍タイトルを取得するには

ViewController.swiftに以下のようにコードを記述する。

 

以上。

Copyright © 2019 アクト・オブ・リーディング All Rights Reserved.  プライバシーポリシー